野生のシャチを救った車中生活海洋学者の林正道さんのお話で号泣!?

感動秘話

野生のシャチを救った車中生活海洋学者の林正道さんのお話で号泣!?
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

「ホンモノは100万倍すごいよ!」が口癖。林さんが連れてくるお手製のロボットは神奈川の海で見られる動物ばかりだ。
「海に行けない病気の子供たちのところに、海を持っていって見せてあげたい」
――そんな思いで作られた海洋生物のレプリカロボットたち。
見る者を魅了する、ホンモノ以上にリアルな動きの裏には自らも病魔と闘うひとりの男の執念があった。

ボートレース浜名湖に海洋学者 林正道さんがやってきます。

2000年、突然現れた全長8mの野生のシャチを海へ誘導した海洋学者・林正道さんは当時、研究費用のため自宅売却をし車中生活をしていた。
編集機材のために1000万円以上借金をしていたために1日の食費は170円。
海に潜るためジム通いは欠かさないが節約のためシャワー室がお風呂がわり、その場で洗濯をしていた。
現在55歳になった林正道さんは車中暮らしをやめ実家ぐらしを行っている。小学校で海の大切さを伝えていた林さんは子どもにお願いされシャチを救出した。
シャチの恐ろしさを知っていた林さんは遺書を書いたという。
室内には50種類以上の魚のロボットが並んでいた。
その理由はシャチを救出した翌年、肺がんを患い全く泳げない身体になってしまったからだった。
海が全てだった林さんが宮古島に引っ越すとゴミが流れていたので海岸掃除を始めた。
その時、ある少年が「ゴミが全部魚だったらいいのにね」という一言を受けてゴミを使ったロボット作りを決意した。
図書館に通って猛勉強を始めた。試行錯誤する事4年半、ゴミを使った泳ぐロボットを作り上げた。

林正道さん アカウミガメ

『林正道さんが作る夢の乗り物大実験!』

『林正道氏の新プロジェクト始動!』

『林正道氏の鉄人プロジェクト』

林正道さんの精神力も凄いが 子供の純粋な気持ちを素直に受け取り 実行されている。素晴らしい方だと思います。いつまでも夢を形にしていただきたいと思います。

1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう